ヴァイオレットエヴァーガーデンの結末はこれだ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
yossy
深夜アニメが特に好きで24話を一日で観ることは当たり前の管理人が記事を書いています。 『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の感想やネタバレについて書いて居るので読んであげてください♪

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の結末について書いています。

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』のアニメの進み具合から言うと原作の結末がアニメの結末と一致する可能性が高いです。

では、ネタバレ満載の『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の結末について大惜しみなく紹介していきます♪

ヴァイオレットエヴァーガーデンの原作の結末

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の原作の結末をアニメ好きのyossyが紹介していきます♪

原作の結末ですが恐らくアニメも原作の最期まで行くと考えられるのでアニメの結末と言ってもいいでしょう。

確実にネタバレを含むのでネタバレが嫌いな方は注意してください。

 

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の結末は少佐との再会がメインとなります!!

一見、少佐は4年も続いた大戦の最期の最期で命を落として亡くなっているかのようにあたかも表現されていますが、実は生存しています。

本当に、クラウディア・ホッジンズ社長の仕草や言葉が錯覚を与えています。ギルベルト少佐はあたかもこの世に存在しないかのように読者に印象づけているアニメ制作側の意図に脱帽です。

原作の結末は、電車をハイジャックした組織とヴァイオレットとの戦闘模様です。

たまたま電車に乗り合わせていたヴァイオレットは電車ののっとり犯と遭遇します。

以前は機械人形のようで最強のヴァイオレットでした。

ホッジンズ社長のもとで人の心を知り、愛しているの意味も分かりつつあるヴァイオレットは百戦錬磨ではありません。

その武装集団の中にも手練がいて、ヴァイオレットの弱みである少佐からもらった大事なエメラルドのブローチをうまく利用されヴァイオレットの命は風前の灯です。

そんなところに死んだと思われていたギルベルト少佐ではなく、昇進したギルベルト大佐が助けに入ってやっとヴァイオレットと運命の再会を果たすのです。

 

なぜ今になってヴァイオレットの前にギルベルト少佐は姿をあらわせた?

なぜヴァイオレットの前に現れたのか。

あれだけ生きていたにしてもギルベルト少佐は身を隠してきました。

ホッジンズ社長にも自分のドッグタグを渡し、ヴァイオレットに死んだということを錯覚させようとしていました。

でもギルベルト少佐はヴァイオレットの目の前に現れました。

それは、ヴァイオレットを本当に愛していてヴァイオレットが死んでしまったら自分が姿を隠して生きてきた意味がないからです。

ギルベルトの願いは、軍から離れて心を持たいない機械人形ではなく、ごくごく普通の女性として幸せを掴んでほしいとのこと。

そのためにも、どんな犠牲を払ってもギルベルトはヴァイオレットを軍で利用するものすべてをもみ消して、裏で工作してきました。

そんな彼女が武装集団に襲われて、もし命を落としてしまったらギルベルトがヴァイオレットから遠ざかる意味が全くなくなるのです。

ヴァイオレットとギルベルトの再会シーンを原作の小説で読みましたが感動しましたね。

完全にヴァイオレットはこころを取り戻しているし、自分の気持をはっきりとギルベルトに伝えることができました。

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』のアニメの最終話も涙なしには観ることができないといまからアニメ好きの管理人は気合が入っています(笑)。

まとめ

今回は、『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の結末についてフォーカスしました。

ヴァイオレットとギルベルトの再会に今季冬アニメで一番の感動が巻き起こること間違いないです。

結末でお互いいままでたまっていた気持ちをぶつけ合うシーンはアニメで必見ですね。

映像もきれいで、原作がアニメ化されたときは本当に待ちきれませんでした。

アニメの結末まで一話一話味わっていきましょうね。

ではではまた『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の原作で気になるところ紹介していきますね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
yossy
深夜アニメが特に好きで24話を一日で観ることは当たり前の管理人が記事を書いています。 『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の感想やネタバレについて書いて居るので読んであげてください♪
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です